主な薪に適した樹種

薪 薪ストーブ 薪づくり 斧

薪の種類

ほとんどの樹種が薪ストーブ用の薪として使用できます。日本で昔から使用されている薪の樹種は広葉樹のコナラ、クヌギ、カシ、サクラなどの堅い木(堅木)です。しかし、それは日本が温暖であり広葉樹が多く育っているからです。日本より寒い欧州や北米ではシラカバ、トウヒ、マツなどが通常の薪として使われています。マツは松ヤニを多く含むため、燃やすと温度が急激に上がり触媒を傷めたり、煤が多く出たりするので、一般的な薪ストーブには使用しないほうが良いです。

1.広葉樹薪

コナラ、クヌギ、サクラ、カシ、ケヤキ、リンゴなどの広葉樹の薪です。薪販売店で売られているのもこれらが多いです。この他にムクノキ、シデ、カシワなどが薪として使用されています。

コナラクヌギ カシ ヤマザクラ

2.針葉樹薪

スギ、ヒノキ、サワラ、トウヒ、アカマツ、カラマツなどの針葉樹の薪です。スギやヒノキ、サワラは油脂分がマツ系に比べて少ないので薪ストーブの薪として適しています。ただ、比重が小さいため、同じ大きさの広葉樹薪に比べると早く燃え尽きてしまい、燃焼室の温度を保つための熾きが出来にくくなります。しかし、着火性が高いため焚きつけに使うと非常に便利です。

スギ

アカマツ

カラマツ

3.木質ペレット燃料

ペレットストーブの燃料である木質ペレット燃料は、天然木を砕いて乾燥・圧縮したものなので、薪ストーブの良い燃料となります。

ペレットストーブ用の木質ペレット燃料

薪ストーブライフ No.29